人間環境育課程・課程共通科目について

授業概要に戻る

1.課程共通科目の意義

人間環境教育課程の各コースで学ぶことがらは、いずれも、@専門性(知識・技能等)が杜会の中で十分に活かされる必要のあることがらであり、したがってA専門家だけでなく一般の人々も理解し実践する必要のあることがらです。そこで、人間環境教育課程の専門科目には「課程共通科目」がおかれています。

『課程共通科目」は、次の二種類に大別できます。

ア.人間理解のための科目
:人間と現代杜会について、特に現代的な問題について理解を深める科目

イ.知識・技能の伝達等に関する科目
:知識・技能の伝達・普及、さらにそのマネジメント(企画・運営)の仕方を学ぶ科目

この課程共通科目を学ぶことで、皆さんは、杜会での実際の場面において、自信を持って各コースで学んだ専門知識を用いて活動し、専門家と一般人をつなぐ役割を果たすことができるでしょう。

2.科目構成

課程共通科目はさらに以下のように区分されています。 (以下では「授業科目一覧およぴ授業時間割」での表記にしたがいます)

ア.人間理解のための科目
:人間と現代杜会について、特に現代的な間題について理解を深める科目

  • 人間と杜会を概観する科目:実杜会に生きる人々および彼らが生きる杜会についてリアノレなイメージを得るための科目
  • 現代的諸問題に関する科目:現代杜会の特徴が現れている典型的な問題・場面に即して人間と社会を理解する科目

イ.知識・技能の伝達等に関する科目
:知識・技能の伝達・普及、さらにそのマネジメント(企画・運営)の仕方を学ぶ科目

  • 情報・知識・技能の収集・整理に関する科目:一部の人にしかその意味が分からない専門的な知識・情報・技能などを一般の多くの人に意味がわかるようなものに編集・加工することを学ぶ科目
  • 情報・知載・技能の伝達・教育に関する科目:自分あるいは他の専門家が持っている専門的な知識・情報・技能などを 一般の多くの人に伝達・教育するにはどうすればよいかを学ぶ科目

この科目には

  1. 情報・技能の対面的な伝達・教育に関する科目
  2. 惰報・技能の媒体を利用する伝達・教育に関する科目

の二種類があります

合意形成・組織運営に関する科目:専門的な知識・情報・技能などを多くの人々が共有し、それに基づく判断や活動を組織として行うにはどうすれぱよいかを学ぶ科目

卒業要件は課程共通科目全体で16単位ですが、以下の単位数をめやすにするとよいでしょう

  • 科目区分ごとに2単位→計4単位
  • 科目区分ごとに4単位→計12単位