2019年度 卒業研究一覧
■保健体育選修■
赤地 龍也 集団的活動が児童に及ぼす仲間づくりの成果
−体ほぐしの運動とシンクロマットの抱き合わせ単元に着目して−
岸田 学志 ベースボール型のボールを持たないときの動きの差異
―ベースボール型競技経験者とベースボール型競技未経験者を対象にして―
黒澤 和 なぎなたの動作解析についての研究
小泉 銀河 性差及び技能差を超えて楽しむゴール型の授業づくり
−誰とでもゲームを楽しむ態度の育成を目指して−
齊藤 仁人 インクルーシブサッカーにおけるアダプテッドルール
ー審判の意図と競技者の受け止めとの違いー
佐藤 敦弥 相手を尊重する態度を育む体育の授業づくり
 −剣道と球技の授業実践を通して−
四方 航平 日本サッカーにおける応援スタイルの変遷について
〜日本サッカー狂会に注目して〜
芝崎 祐美 ヘルスリテラシーと飲酒行動の関係
田井 楓 サッカーにおける異なるグラウンドサーフェイス上での走方向変換動作
永井 諒太 多様な投てき物を用いた体育授業が投能力に及ぼす効果
―小学2年生を対象として―
中里 純也 皇居の世俗化に伴う皇居外周の政治的意味の変化
〜皇居周回駅伝に着目して〜
根本 愛永 精神疾患の理解度と保健学習について
古谷 友裕 バレーボールのスパイクジャンプにおける振り込み動作に関する研究
―リングジャンプに着目して―
真栄城紗英乃 スポーツにおけるあがりと見られ感の関係
―大学バスケットボール競技者に着目して―
武藤 洋聖 ゴール型競技未経験者のボールを持たないときの動きの習得に関する研究
―フラッグフットボールを適用して―
茂呂 こまち 中学校体育授業における空手道の導入と授業について
山本 麻友子 運動有能感を高めるための創作ダンスの授業に関する研究
渡邉志帆 「主体的・対話的で深い学び」を促すゴール型ゲームの授業づくり
−学習のための評価論を援用して−
渡邉文弥 ハンドボール投げ記録向上に関する研究
―15.0m以下の対象者にボンバーゲームを適用して―

■スポーツコース■
山形 泰聡 主体的学びを取り入れた指導法の検証
〜スノーボード・ハーフパイプ、小学生の練習過程を対象に〜
石川 慶人 サッカーの軸脚トレーニングがキックに及ぼす影響
伊藤 佳子 幼児の書き能力と体力・運動能力との関連
櫛田明日菜 ハンドボールにおける左サイドシューターの跳躍角度に関する研究
―踏切時の下肢の動きに着目して―
佐野 圭介 グレイシー柔術誕生に関わる前田光世の半生
島田 夏純 高校やり投げ選手における投擲技術の観察的評価
白幡 玲 肘関節におけるモーメントアームと筋力の関係
西村 悠生 投球動作改善における教材開発の試み
〜リリースポイント・リリースタイミングに着目して〜
堀邉 美咲 女子400mハードル走一選手におけるハードリング動作の分析
松川 海人 投手の投球時のテークバック動作の違いが制球力に及ぼす影響
弓削 敬生 長期休養中の行動と思考変化に関する一考察
-運動部活動に所属する大学生を事例として-

■健康コース■
芦澤 翼 高齢者における生活の質と歩行機能の関連
大森 佳澄 ラクロスのクロス投動作に関する研究
岡野 暁穂 幼児を対象としたボール運動プログラムの効果
カク エイイ 前糖尿病に関する予防と改善
菅野 涼 パフォーマンス向上におけるイメージの役割についての研究
小寺 佑季 女子ラクロスにおけるスポーツ経験の影響
齊藤 鉄 陸上競技における部活動とクラブチームの実態調査
福島 清香 運動経験が防衛機制に与える影響
―教育学部学生の知的好奇心と物事を継続する力に着目して―
安田 志歩 児童に対する遊びを取り入れた練習方法に関する一考察
―地域柔道教室でじゃけん柔道を用いてー