平成24年度 茨城大学 教育学部
保健体育選修・スポーツコース・健康コース 卒業研究発表会プログラム
        日時:平成24年2月2日(土) 場所:教育学部D201教室
開会式   9:00-9:10      
開会挨拶     日下  
発表方法の確認 渡邊    発表時間:6分 討議時間:約2分/1人
               ベル:5分で1回、6分で2回
午前の部   発表時間   発表者 演   題
発表(1)   司会:勝本      
  1 9:10-9:16   上田 純也 剣道の踏み込み面に関連する類似の運動の検討 −加速度計からみた動作分析を中心に−
  2 9:16-9:22   大場 帆海 ハンドボールの普及に関する一考察 ―ハンドボールから派生した競技に着目して―
  3 9:22-9:28   清川 耕平 競泳の新型スタート台におけるスタートパフォーマンスの影響 ―従来スタート台と新型スタート台での水平力・鉛直力の比較―
  4 9:28-9:34   工藤 彩 竹刀選定の指標づくりに関する研究
  5 9:34-9:40   逆井 智也 プライオメトリックストレーニングとレジスタンストレーニングどちらを先に実施するべきか
  6 9:40-9:46   関 みのり 女子新体操選手の日常生活および練習中のエネルギー消費量と運動強度
  7 9:46-9:52   竹内 里奈 女子ハンドボール選手の心理的競技能力に関する調査研究 −代表選手とI大学の比較を通して−
  討論 9:52-10:06      
発表(2)   司会:巽      
  8 10:06-10:12   辻 はるか わが国におけるパラリンピックに関する報道の内容分析
  9 10:12-10:18   ホアン テ ウエン 幼少期の体格,体力,運動スキルの関係
  10 10:18-10:24   森島 理 ソフトテニスにおける「生成」に関する研究
  11 10:24-10:30   小畠 恵梨香 大学生の保険に関する知識および意識についての実態調査研究
  12 10:30-10:36   鹿岡 拓朗 競技者における緊張との向き合い方  ―野球のバッティングに着目して―
  13 10:36-10:42   神崎 智裕 ティー打撃時におけるグリップ感覚についての一考察 ―センサバットを用いた左右各手間のグリップ作用力の分析―
  14 10:42-10:48   菅野 美奈子 バレーボールのプレーにおける心理的影響について −サーブ場面に着目して−
  討論 10:48-11:02      
  休憩 11:02-11:12      
発表(3)   司会:吉野      
  15 11:12-11:18   柴田 聖太郎 中高齢者の健康増進活動促進のためのアクションリサーチ
  16 11:18-11:24   鈴木 香織 わが国におけるいじめに関する研究の現状と課題 ―未然防止・早期発見のための対策に着目して―
  17 11:24-11:30   鈴木 はるな 青年期のスポーツライフに関する研究 −ポジティブ心理学の視点から−
  18 11:30-11:36   長山 駿 ネット型ボールゲーム(バレーボール)の構造特性とフローに関する身体論的研究
  19 11:36-11:42   林田 麻由 大学生における過去のスポーツ成績が現在の運動・スポーツ習慣、身体活動量に及ぼす影響
  20 11:42-11:48   目黒 未来 合気道二教裏における動作分析
  討論 11:48-12:00      
  昼休み 12:00-13:00      
           
           
           
午後の部   発表時間   発表者 演   題
発表(4)   司会:松坂      
  21 13:00-13:06   宇井 俊介 サッカーのコンピテンスとゲーム参加意欲との関係
  22 13:06-13:12   大津 歩 中学校体育における剣道の授業内容の検討〜教材研究を中心に〜
  23 13:12-13:18   笠原 梨加 戦後日本の体育教育に関する史的考察 ―「生活体育」から「生きる力をはぐくむ体育」まで―
  24 13:18-13:24   厨 美咲希 剣道試合における引き技に関する調査研究
  25 13:24-13:30   小菅 愛華 子どもの「遊び」と「学び」に関する研究
  26 13:30-13:36   後藤 飛大 剣道における足さばき動作の巧拙について
  討論 13:36-13:48      
発表(5)   司会:篠田      
  27 13:48-13:54   齋藤 拓真 ゴール型でゲーム中にボールを受けられないのはなぜか −ゴール型競技経験のない女子学生を対象に−
  28 13:54-14:00   菅又 彩花 ゴール型における状況判断と視空間認知の関係 −フリーな味方へのパスの状況を対象に−
  29 14:00-14:06   滝 優太 体育授業におけるハンドボールの実施を可能にする条件の検討 ―茨城県内の公立中学校に対する調査を通して―
  30 14:06-14:12   竹内 洋人 中学校バレーボール授業におけるドリル教材の開発 ―アンダーハンドパスの送り出し動作の習得―
  31 14:12-14:18   仲村 将希 初心者におけるインサイドキック習得上のつまずき −静止したボールを蹴る動作を対象にして−
  32 14:18-14:24   野仲 匠 体験学習における「体験」と「言語」との関係性に関する研究
  討論 14:24-14:36      
  休憩 14:36-14:46      
発表(6)   司会:富樫      
  33 14:46-14:52   芳賀 裕美 体育授業における教師の言葉かけに関する研究
  34 14:52-14:58   藤田 実希 小学生のボール操作技能の達成度に関する調査研究 −ゴール型・バスケットボールに着目して−
  35 14:58-15:04   山田 祥子 青少年期おける運動への基本的心理的欲求の発達的特性
  36 15:04-15:10   山本 愛 特別支援学校卒業後の知的障害者スポーツの現状と課題
  37 15:10-15:16   渡辺 勇太 バレーボールにおけるジャンプトスに関する動作分析 ―準備局面のポジショニングとタイミングに着目して― 
  討論 15:16-15:26      
閉会式   15:26-15:36      
講評     岡本・尾形