平成21年度 茨城大学 教育学部
保健体育選修・スポーツコース・健康コース 卒業研究発表会プログラム

        日時:平成22年2月6 日(土 ) 場所:教育学部D201教室
開会式   9:00-9:10      
開会挨拶     勝本  
発表方法の確認 吉野    発表時間:6分 討議時間:約2分/1人
               ベル:5分で1回、6分で2回
午前の部   発表時間   発表者 演   題
発表(1)   司会:日下      
  1 9:10-9:16   白井一博 スポーツ振興のための効果的なアプローチ
  2 9:16-9:22   早坂菜央 健康づくり政策の歴史的変遷と課題
  3 9:22-9:28   上地未記 学校管理下における死亡事例の分析−通学中の死亡事例に着目して−
  4 9:28-9:34   小貫倫壱 高校生剣道試合における「鍔ぜり合い」規則の改正効果について
  5 9:34-9:40   里見香代子 ハンドボールにおける防御時の予測に関する実験的研究
  6 9:40-9:46   嶋村拓也 運動部活動における部員の適応感に関する研究
  7 9:46-9:52   サントスミドリ 小学校における武道(柔道)指導の継続に関する一考察
  討論 9:52-10:06      
発表(2)   司会:富樫      
  8 10:06-10:12   濱田翔吾 Jリーグスタジアムのマネジメントの改善に関する一考察―スタジアムの管理運営制度に着目して−
  9 10:12-10:18   二見有紀乃 ハンマー投飛距離と身体重心の関係
  10 10:18-10:24   山本安祐美 テニスのサーブにおける上肢の動きに関する研究
  11 10:24-10:30   渡部裕司 ステップが投球動作に及ぼす影響
  12 10:30-10:36   足立真希 リラックス感に着目した体ほぐしの運動の教材研究
  13 10:36-10:42   荒木千尋 中高生の携帯電話使用状況とヘルスリスク行動との関連について
  14 10:42-10:48   岩間淳平 実践的な理解を強調する「体つくり運動」の実践報告
  討論 10:48-11:12      
  休憩 11:12-11:20      
発表(3)   司会:上地      
  15 11:20-11:26   小山祐介 イチローのストライクゾーン〜瀧澤文雄の身体論に準拠して〜
  16 11:26-11:32   関理恵 知的障害児の身体活動量
  17 11:32-11:38   田邉友基 茨城大学における学生の抑うつ傾向と大学生活との関連
  18 11:38-11:44   鶴見彩 運動の実施状況と虚血性心疾患の知識に関する調査
  19 11:44-11:50   中山綾 小学生の運動有能感と体力・運動能力、運動の楽しさとの関係
  20 11:50-11:56   古堅祥子 沖縄エイサー踊りの文化史〜聖―俗―遊―カオスの4極構造モデルから〜
  21 11:56-12:02   元吉晶子 伝統文化としての剣道授業のあり方
  討論 12:02-12:16      
  昼休み 12:16-13:10      
午後の部   発表時間   発表者 演   題
発表(4)   司会:勝本      
  22 13:10-13:16   有吉貴広 茨城県内中学校における武道授業の実態に関する一考察
  23 13:16-13:22   石川由香里 ハンドボールにおける7mスローの方向予測に関する研究
  24 13:22-13:28   岡本祥平 運動学習におけるビデオ教材の活用に関する研究
  25 13:28-13:34   鴨志田収 活動状況に対する運動部員の意識から見た運動部活動の実態と今後の課題-茨城大学附属中学校における運動部活動の状況及び生徒の意識調査を通して-
  26 13:34-13:40   来栖吉彦 運動実行情報の収集と運動経験との関係についての研究―鉄棒の前方支持回転の事例―
  27 13:40-13:46   小林一輝 倒立につながる運動アナロゴンの検討
  討論 13:46-13:58      
発表(5)   司会:加藤      
  28 13:58-14:04   佐藤多恵 フロー感覚の構造〜市川浩の身体論に準拠して〜
  29 14:04-14:10   鈴木顕 剣道選手の握力特性について
  30 14:10-14:16   鈴木遼 ライフスタイルに応じた運動の価値観 〜動機づけ理論に着目して〜
  31 14:16-14:22   樽本果歩 指導者の指示に対する選手の反応について−指導者の指示的発言に着目して−
  32 14:22-14:28   辻章 子どもの健康と社会格差の関連性について
  33 14:28-14:34   坪井綾香 月経が競技者の心理的パフォーマンスに及ぼす影響について― 高校剣道部女子における検討 ―
  討論 14:34-14:46      
  休憩 14:46-14:58      
発表(6)   司会:渡邉      
  34 14:58-15:04   傳田亜由美 ハイヒール着用歩行時の歩容に関わる要因の検討
  35 15:04-15:10   東ヶ崎圭祐 剣道寒稽古における直腸温と心拍数変動について
  36 15:10-15:16   蓮田大樹 ペースランニングにおけるペースの取り方や集団性の違いがランナーのプログラム評価及び感情の変化に及ぼす影響 
  37 15:16-15:22   森あゆ美 単一事例研究法を用いた自覚的コンディション変動因子と競技パフォーマンスとの関連
  38 15:22-15:28   山田直也 保健体育教員に求められる資質能力に関する検討―現職教員と学生の違いの分析を通して―
  39 15:28-15:34   山本悠輔 疾走能力に差のある中学生における疾走動作の比較研究
  討論 15:34-15:46      
閉会式   15:46-16:00      
講評 三浦      
2月6日(土)発表会当日は8時00分にD201教室の開錠します  9時には開始できるよう着席しておくように。