平成20年度 茨城大学 教育学部

保健体育選修・スポーツコース・健康コース 卒業研究発表会プログラム

       

日時:平成21年2月7 日(土 ) 場所:教育学部D201教室

開会式   9:00-9:10      
開会挨拶     松坂  
発表方法の確認 吉野    発表時間:6分 討議時間:約2分/1人
               ベル:5分で1回、6分で2回
午前の部   発表時間   発表者 演   題
発表(1)   司会:松坂      
  1 9:10-9:16   青柳 千明 「体育授業研究」誌にみるボール運動の授業研究の動向
  2 9:16-9:22   石川 あい 運動部活動経験と社会的スキル獲得の関係に関する研究
  3 9:22-9:28   遠藤 修治 技能の習熟過程が学習者の自己肯定感に与える影響
  4 9:28-9:34   岡部 良未 表現運動における表現方法の指導とその有効性の検討
  5 9:34-9:40   小野村 俊哉 小学校における武道指導実践事業について
  6 9:40-9:46   佐々木 啓至 茨城県内中学校における武道の実態に関する一考察
  7 9:46-9:52   佐藤 圭一郎 中学校・高校の運動部活動に関する一考察
  討論 9:52-10:06      
発表(2)   司会:三浦      
  8 10:06-10:12   篠塚 直起 教材用簡易竹刀の打撃力測定
  9 10:12-10:18   田中 恵 小学校体育におけるゲーム状況の理解を強調した指導の有効性
  10 10:18-10:24   土屋 慶佑 静岡県内中学校における武道の実態に関する一考察
  11 10:24-10:30   富澤 宏和 登山時における体組成の変化について
  12 10:30-10:36   樋口 未智 月経を中心としたコンディション変動要因の分析
  13 10:36-10:42   藤田 明英 中学生の運動部活動に対する満足度を規定する要因の検討
  14 10:42-10:48   松本さやか 断続的な試行を引き出す「多様な動きをつくる運動」の教材づくりとその有効性の検討
  15 10:48-10:54   丸山 成美 小学校高学年における剣道の授業内容の検討
  討論 10:54-11:10      
  休憩 11:10-11:20      
発表(3)   司会:岡本      
  16 11:20-11:26   峯岸 典子 ハンドボールにおける同一フォームで異なる方向への投球動作分析
  17 11:26-11:32   森 葉子 月経が競技者の心理的パフォーマンスに及ぼす影響について
  18 11:32-11:38   山下 弘文 スポーツ教育プログラム理論に基づくハードル走の授業づくりとその有効性の検討
  19 11:38-11:44   渡辺 雄馬 児童の足形態の特徴に関する研究
  20 11:44-11:50   小野 まり絵 小学生中学年における剣道の学習内容の検討
  21 11:50-11:56   倉持 亜耶 ジュニアシンクロナイズドスイミング選手のブースト動作に関する研究
  22 11:56-12:02   大和田 侑希 小学生の筋力と逆上がりの成功率に関する研究
  討論 12:02-12:16      
  昼休み 12:16-13:10      
           
午後の部   発表時間   発表者 演   題
発表(4)   司会:尾形      
  23 13:10-13:16   猪又 祐也 体操競技・器械運動の知識の認知と普及に関する研究
  24 13:16-13:22   岩瀬 学 加速度計を用いた剣道の基本動作解析
  25 13:22-13:28   及川 文恵 テニスストロークの正確性に関する研究
  26 13:28-13:34   大河内 香 「群の構成課題」の指導をベースとした現代的なリズムのダンスの授業づくりとその有効性の検討
  27 13:34-13:40   大塚 史恵 大学生の体力・運動能力とスポーツ志向性に関する研究
  28 13:40-13:46   田上 忠宏 球技におけるゲーム状況の理解を強調した指導の有効性
  29 13:46-13:52   立浪 雄樹 足関節の固有感覚に対する疲労の影響
  討論 13:52-14:06      
発表(5)   司会:巽      
  30 14:06-14:12   野田 春香 酸素摂取量フィードバックによるランニング経済性改善の試み
  31 14:12-14:18   横山 聡 中学生の投能力に関する研究
  32 14:18-14:24   吉田 佐貴美 競泳平泳ぎスタート局面の「ひとかきひとけり」に関する研究
  33 14:24-14:30   石崎 あゆみ 高齢者の生きがい感に健康づくり運動教室が及ぼす影響
  34 14:30-14:36   磯前 美帆 リプロダクティブヘルス/ライツに基づいた性教育のフレームワークの構築
  35 14:36-14:42   魚住 遥子 ヨガが生体機能に及ぼす影響について
  36 14:42-14:48   大竹 愛美 茨城大学における運動部学生と非運動部学生の食と健康に関する意識調査
  討論 14:48-15:02      
  休憩 15:02-15:12      
発表(6)   司会:富樫      
  37 15:12-15:18   筧 千佳 陸上競技女子長距離選手のエネルギー利用率に関する研究
  38 15:18-15:24   川又 諭 登山におけるストックの有効性について床反力からの考察
  39 15:24-15:30   佐藤 正明 運動会・体育祭開催時期に関する一考察
  40 15:30-15:36   嶋田 絵里子 中高齢者の健康教室参加率に影響を与える要因
  41 15:36-15:42   橋本 誠子 茨城大学における学生の喫煙行動と健康意識について
  42 15:42-15:48   宮田 努 大学サッカー選手の身体特性とサッカーの競技特性に関する研究
  討論 15:48-16:00      
閉会式   16:00-16:10      
講評 太田      
           
  2月7日(土)発表会当日 8時00分開錠  8時50分着席 9時開始