平成18年度 茨城大学 教育学部
保健体育選修・スポーツコース・健康コース
卒業研究発表会プログラム

  • 日時:平成19年2月10 日(土 )

  • 場所:教育学部D201教室

  • 開会式 9:00-9:10

  • 開会挨拶 岡本研二

  • 発表方法の確認 吉野聡
    (発表時間:6分 討議時間:約2分/1人 ベル:5分で1回、6分で2回)

午前の部   発表時間   発表者 演   題
発表(1)   司会:日下裕弘    
  1 9:10-9:16   新井草太 大学生における身体諸径の相対変異
  2 9:16-9:22   飯村真実 小学校低学年における自己体型評価と痩せ願望
  3 9:22-9:28   石川ちひろ 茨城県における児童生徒の体力・運動能力の実態に関する研究
  4 9:28-9:34   岩下泰士 剣道段位審査の合格に寄与する技能要因について
          −茨城県剣道連盟三段審査会の場合−
  5 9:34-9:40   遅野井裕樹 大学生剣道選手における最大無酸素パワーと打撃力の関係
  6 9:40-9:46   影山泰加 チームメイトの期待と選手の受け止め方及び実力発揮の関係
  7 9:46-9:52   川越雄二郎 小・中学校における特別な教育的支援を必要とする児童生徒に対して行なう体育授業の現状と課題
  討論 9:52-10:06    
発表(2)   司会:太田茂秋    
  8 10:06-10:12   熊谷嘉朗 2006 FIFA World Cupドイツ大会における競技力に関する一考察
          −各国の体格差が与える試合結果への影響−
  9 10:12-10:18   佐藤由美 女子大学生の月経前症候群とライフスタイルとの関連
  10 10:18-10:24   佐和一大 男子大学柔道部員の体力トレーニング効果について
          −茨城大学柔道部における事例研究−
  11 10:24-10:30   高橋瑛美 健康・環境の観点からみた大学生の購買行動についての研究
          −日用品と食品を対象として−
  12 10:30-10:36   田家奈津子 ハンドテニスのゲーム理解度テストの作成とその妥当性・信頼性の検討
  13 10:36-10:42   千田智美 平泳ぎの動作分析 
          -リカバリー時の胴や上肢の動作に着目して−
  討論 10:42-10:54    
  休憩 10:48-11:08      
発表(3)   司会:植田誠治    
  14 11:08-11:14   筒井博美 中学校保健体育における「バレーボール」教材の研究(2)
          −ゲーム中の生徒の動きに着目して−
  15 11:14-11:20   中島友弘 児童の心の健康に関する基礎的研究
          −悩みの内容と相談相手の実態について−
  16 11:20-11:26   平山愛美 女子大学生剣道選手の上肢の無酸素パワーについて
  17 11:26-11:32   松本英樹 柔道に対する意識の研究
          −中学生を対象にして−
  18 11:32-11:38   山下和子 子どもの体験活動と地域とのかかわりに関する研究
          −龍ヶ崎市の実態調査を中心として−
  19 11:38-11:44   永冶比呂貴 中学生の体格や体力に与える運動部活動の影響
  討論 11:44-11:56    
  昼休み 11:56-13:00      
午後の部   発表時間   発表者 演   題
発表(4)   司会:三浦忠雄    
  20 13:00-13:06   伊藤一久 秋田県の地域活性化に関する一考察
          −スポーツと民俗芸能を通じて自殺率を低下させるためには−
  21 13:06-13:12   伊東和矢 レジスタンストレーニングにおける筋収縮スピードと血圧に関する研究
  22 13:12-13:18   須部洋明 小学生の成長過程における身体組成と足圧痕の縦断的分析
  23 13:18-13:24   高橋毅 メンタルトレーニングとしての目標設定がトレーニング中の活動状況及び競技意欲に及ぼす効果の検討
  24 13:24-13:30   田口愛 バレーボールの歴史と地域レベルの普及に関する一考察
          −日本独自の9人制に着目して−
  25 13:30-13:36   永澤朋子 登山におけるコースタイムの測定法 -ATを基準として-
  26 13:36-13:42   庭田圭 大学体育館における暑熱環境の実態調査
  討論 13:42-13:56    
発表(5)   司会:尾形敬史    
  27 13:56-14:02   吉永知子 登山における体重の増減についての一考察
          −北アルプス夏季登山の場合−
  28 14:02-14:08   吉原佳菜絵 受傷選手を含んだチーム作りの工夫についての研究
  29 14:08-14:14   INEESHA PERERA マット運動の後方倒立回転とびの指導に関する研究
          −恐怖心を克服する練習方法の開発−
  30 14:14-14:20   大貫仁美 セルフコーチングがチームへの意識に与える影響
  31 14:20-14:26   佐藤徳信 サッカー選手における鼠径部痛症候群に関する研究
          −身体特性との関連から−
  32 14:26-14:32   大門寿彦 内外反膝が足底部アーチ構造に及ぼす影響
  33 14:32-14:38   高野澤麻紀 児童・生徒の不定愁訴とその要因に関する研究
          −主として運動習慣との関連について−
  討論 14:38-14:52      
  休憩 14:52-15:02      
発表(6)   司会:松坂晃      
  34 15:02-15:08   竹澤萌 見られ感が個人やチームのパフォーマンスに与える影響
  35 15:08-15:14   西坂純 中学生及び中学校の教員からみた理想の運動部活動の指導者像に関する検討
  36 15:14-15:20   根本みゆき 身体組成とフレームサイズの時代的変化
  37 15:20-15:26   久松翔 単発的な健康教室に参加した中高齢者の身体的・体力的変化についての研究
  38 15:26-15:32   藤原郁子 中学生・高校生の心の健康に関する研究
          −自己管理スキルとストレス対処行動との関連について−
  39 15:32-15:38   宮崎明日香 冷え症の改善策に関する研究
          -生活習慣に着目して-
  討論 15:38-15:50    
閉会式   15:50-16:00      
講評 服部恒明    
           
2月10日(土)発表会当日 8時00分開錠  9時開始