保健体育選修概要

  • 学生定員 :18名

  • 科   目 :
    • 体育実技 :陸上競技,ギムナスティック,身体表現・ダンス,水泳,バスケットボール,バレーボール,サッカー,柔道,スキー 等
    • 体育学分野 :体育学概論,体育史,スポーツ心理学 等
    • 運動学分野 :運動学概論,トレーニング法,コーチング論T・U 等
    • 生理学分野 :生理学概論,形態学,スポーツ医科学 等
    • 衛生学分野 :衛生公衆衛生学概論
    • 学校保健分野 :学校保健概論,救急処置法 

選修のねらい

■たくましい子どもの再生

保健体育選修は,小学校教員および中学校・高等学校の保健体育教員の要請を目的とし,教員に必要な専門知識・技能を習得できるカリキュラムを組んでいます。特に学んだ知識を,身体を通して実践する大切さを学びます。近年子ども達の体力は二極化しており,スポーツに打ち込む子供が増える一方で,あまり運動をしない子ども達も増えています。体育教員として,このような子ども達を指導できる知識・技能を持つことが必要です。大学では,社会人として必要な一般教養,教員に共通して必要とされる教育の基礎理論(教育の理念,心身の発達,教育制度など)を学習し,保健体育に関わる専門理論(体育学,運動学,生理学,衛生学,学校保健など)とスポーツ実技(陸上競技,ギムナスティック,水泳,球技,武道,ダンスなど)およびその指導法を学び,現場で活躍できる教員を育成します。

 

取得できる免許・資格等

■教員免許

  • 小学校一種または二種
  • 中学校保健体育一種または二種
  • 高等学校保健体育一種または二種
    • 小学校と中学校の免許取得が卒業の要件となります。
    • 一種と二種は取得する単位数で決まります。ほとんどの学生は小・中・高すべて一種免許を取得して卒業します。

 

■日本スポーツ協会公認指導者養成講習会 講習・試験免除適応コース

  • 共通科目コース 共通科目T・U・Vの免除適応コースとなります
  • スポーツ指導者基礎資格: スポーツリーダー
  • 専門科目コース スポーツプログラマー(*要試験)
  • 専門科目コース ジュニアスポーツ指導員(*要試験)
  • 専門科目コース アシスタントマネージャー(*要試験)
    • 登録料や受験料は自己負担です。

卒業後の進路

○進学

茨城大学大学院、筑波大学大学院、東京学芸大学大学院 等

○就職

茨城県教員、他県教員、公務員(市役所等)、一般企業